骨訴訟障害に気をつけよう

骨粗鬆障(こつそしょうしょうしょうがい)には特に気をつけよう。

更年期を終えた女性で特に気をつける病気は、とてもたくさんの

 

病気がありますが、なかでも気をつけたいのが、骨粗鬆症です。

 

 

骨粗鬆症とは、皆さんも一度は聞いたことがあるでしょう。

 

骨粗鬆症とは、その名の通り、骨の中身の密度が低くなり

 

そのことにより、骨折しやすくなる病気のことを言います。

 

特に、更年期以降の中年女性におおくの患者がいるのも特徴です。

 

 

骨粗鬆症になる原因は、女性ホルモンとの密接な関係があります。

 

骨は身体を支えるうえでとても大切ですが、血液中のカルシウムの

 

濃度を一定に保つうえでとても大切な働きをしています。

 

カルシウム代謝を調節する目的で、骨は絶えず骨からカルシウムを溶融すること

 

いわゆる吸収と、骨にカルシウムを蓄え、骨の量を増やすことを表す形成の

 

二つの相反する作用を同時に行っています。

 

 

閉経後に、女性ホルモンが少なくなってくると、骨の吸収が促進されるために

 

急激に減少してくることが、その原因です。

 

 

骨訴訟症になっても、必ず骨折することが発生することはありませんが

 

骨量が、急激に減少した時には、圧迫骨折などの危険性は非常に高まります。

 

 

また、厄介なことに、骨粗鬆症は、自覚症状がとても少なく初期症状が

 

ほとんど無症状です。

 

 

この対策としては、カルシウムを含んだ食品を意識的に摂取することが

 

必要ですが、キッコーマンからだ想い、基本のサプリにもたくさんのカルシウム

 

含まれていますので、このサプリメントでも気軽にカルシウムを摂取し

 

骨粗鬆症とは無縁の生活を送りましょう。

 

 

 

キッコーマンからだ想い基本のサプリ

公式サイトにリンクしております。

 

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 

バナー原稿 468×60 (131017)imp