からだ想い キッコーマンサプリメント

大豆イソフラボンの上手い採り方

大豆イソフラボンは、我々が食べると、胃で消化されて、腸で吸収されます。

 

この大豆イソフラボンは、通常は、糖と一体になった「配糖体」と呼ばれる形になりますが
腸の中で吸収されるときは、糖が取れて、アグリコンと言う形になって、吸収されます。
この場合は、一度に多くの量の大豆イソフラボンを摂取しても、尿などで排出されるので
一度に多くの量を摂取するのではなく、時間をおいて定期的に摂取することが
とても大切であるといわれています。

 

大豆イソフラボンは、腸から吸収されたあとは、血中に取り込まれてしまいますが
8時間ほど経過すると、このイソフラボン(アグリコン)は半減してしまいますので
定期的に、一定の量の摂取がとても効果的であるといえます。

 

理想的に言えば、一日の三食のなかで、朝食と夕食に大豆を摂取するのが
とても効果的なようですね。

 

このことから、朝食と夕食に大豆食品を食べることが理想と言えるでしょう。

 

1日2食の大豆食品の摂取ができない場合は、1食でもよいので、摂取しましょう。

 

どうしても摂取できない場合は、不足分を、サプリメントで摂取する方法を
おすすめいたします。

 

そのサプリメントの一例が、こちら。

 

大豆(しょうゆ)メーカーが作った大豆のサプリメント。
キッコーマン からだ想い 基本のサプリ