からだ想い キッコーマン 基本のサプリ

更年期後の血管の老化に気をつけよう

更年期を迎えて、やがて閉経を迎えた後は

 

病気のリスクが高まるといっても過言ではありません。

 

 

当サイトで取り上げている、骨粗鬆症のほかに、血管が老化し

 

もろくなることも女性ホルモンのなかのエストロゲンの分泌が

 

止まることが一つの要因といえるでしょう。

 

 

血管が老化することにより、血管がもろくなったり、悪玉コレステロールが

 

増えることなどから、動脈硬化が進行して、その結果

 

血管のつまりや、血管のやぶれにつながり、それが、脳で起これば

 

脳梗塞や脳出血を発症しますし、心臓で発症すれば、心筋梗塞を

 

誘発します。

 

 

また、老後の認知症の発生のリスクも高まるともいわれています。

 

 

エストロゲンには、骨を丈夫にしたり、血管の老化を防いだりする

 

作用のほかに、悪玉コレステロールが増えることを抑える働きがあるとも

 

いわれています。

 

したがって、女性ホルモンが分泌しなくなると、このような病気になる

 

リスクが増えていきますので、注意することが必要です。